【勃起力アップの運動】勃たない男子必見!! 勃起力回復のカギはスクワットにあり!最強の勃起トレーニングを大公開!!

Hに関する悩み

街中で可愛い女性、やけにエロイ女性を見つけた際

おぉっ あんな可愛い子と一度セックスしてみたい!!

世の中の99%の男性はそう考えるハズですが、昨今20代~30代前半にも関わらず

  • 挿入中に萎えてセックス中断するケースが多い
  • フル勃起できないことが多く、セックスするのが不安

こんな男性が増えているのをご存知ですか? 本記事では、こんな勃起力が低下しつつあるアナタの疑問を解消するべく、勃起力アップのトレーニングと体を鍛えて男性ホルモンを増やす方法を徹底解説します。

運動習慣により勃起力を高めたいアナタ、今回は必見ですよ!

※運動による勃起力アップには最低でも3カ月以上かかるため、食生活の見直し、フル勃起するまでのつなぎとして一時的にサプリメント等を推奨します。

勃起力を鍛えよ!! 10年先もセックスを楽しむために今やるべきトレーニングとは!?

感染したのか?

ある日突然おそわれる中折れや勃起のトラブル。

セックスに自信のある男性ほどショックは大きく、中には男性として自信を喪失してしまう方も少なくないです。

そこで当記事をご覧の男性諸君にまず大前提として知っておいてもらいたいのは、

安易に薬(バイアグラやシアリス、レビトラ等)で勃起させたところで何も解決しない!

という事実。

結局は薬の力で強制的に勃起したところで、根本的な勃起力が回復したわけじゃありません。

勃起をサポート…という発想は捨て去る!

例えるならED治療薬で勃たせるのは、ケガした時にとりあえず松葉杖をつかって歩くようなもの。

松葉杖に頼って歩いている間に、本来の歩くための筋肉、脳からの刺激が鈍くなり本当に自力で歩けなくなってしまいます。

それと一緒で、ED治療薬を多用するうちに本来アナタがもっている勃起力そのものが失われてしまうため要注意なんです。

つまりED治療薬などに頼らず、自らの力で自発的にギンギンにさせることが10年先もセックスを楽しむポイントなのです。

勃起力をアップさせたいなら筋トレでチンポの根元を固めよ!!

これまで過去1年間、かなりの種類の勃起力回復法をやってきた管理人から1つだけアドバイスをさせていただくなら、

筋トレでチンポの根元をガッチリ固めるのが一番効果的!!

ということ。

変な話、ペニスの一部は筋肉に包まれていますからね、

筋トレでチンコの根元がガッチリと強化されことで竿全体、亀頭までシャキッと勃起できるように変化します。また根元がしっかりすることで勃起持続にも大きな影響を与えます。

というわけで、根元をガッチリ固めるために効果のあった勃起力をアップさせるトレーニングを次項で詳しく解説していきます!

下半身の筋力アップで血液量アップとペニスの血液をキープさせる!

中折れの原因のひとつでもある器質性の勃起不全。
これは運動不足による基礎代謝の低下や全身の筋肉の減少も大きな中折れの原因ともいわれています。

ではそもそも具体的に運動不足や筋肉が減少することで、なぜ中折れが発生するのでしょうか?

これは中折れのメカニズムを考えてみれば納得できます。

そもそも、男性は脳が感じた性的興奮を伝達させ最終的に陰茎の海綿体へ血流を促します。その結果、ペニスは血液で充満しビンビンの勃起状態となります。

このペニスに満たされた血液を、一定の時間、上手く維持できない状態がいわゆる中折れですね。

そこで運動によって筋肉を増やすことで、基礎代謝が上がり陰茎海綿体を含めて全身の血行が促進されます。

全身の血行が促進されれば当然ですが興奮時に海綿体へ流れこむ血液量もそれ相応に増加が見込めます。

ペニスの血液をキープする働きのある骨盤底筋

中折れや勃起力と密接に関係している筋肉として有名な骨盤底筋群!

この筋肉はペニスの血液をキープする働きをつかさどっているため、鍛えることで持続力を大幅にアップさせることも可能といわれています。

そもそも、ペニスの約1/4は体内に存在するという事実を考えてみれば、もう疑う余地もありませんね。

中折れで重要な意味をもつペニスの根元付近は完全に体内に存在しているわけです。溜め込んだ血液をキープするにはペニス周辺の筋肉群が重要なのは容易に想像がつくはずですね。

中でも注目すべきは

PC筋とよばれる玉袋~肛門に伸びる排尿時に無意識につかっている筋肉!

ここがかなり重要で、ここを重点的に鍛えることで・・・

  • 勃起力改善
  • 勃起維持向上
  • 早漏改善
  • 射精力向上
  • 快感向上

という変化が実感できるはず。ぜひ勃起力アップのためにトレーニングを始めておきましょう。

筋肉量を増やすことで男性ホルモンを増加させる!

たしかに毎日の運動量を増やすことで、全身の筋肉量を増やすことは納得できます。

そして適度なジョギングやウォーキング、サイクリング等の有酸素運動によって新陳代謝をアップさせて基礎代謝を上げることも納得です。

 

ですが筋肉量と男性ホルモンは別物です。

筋肉量がどういった経緯でテストステロンの増加につながるのか以下の通りです。

 

まず毎日の継続的な筋力トレーニングによって各種の筋肉は肥大しサイズアップします。

すると食事として摂取されたタンパク質をアミノ酸に分解し、体内でもう一度タンパク質に作り変えられて筋肉を増強します。

その作用で重要な働きを担っているのが男性ホルモンだといわれています。

 

つまり筋肉が増えることで、「必要とされる男性ホルモンが不足しているよ…」といった司令が精巣に伝達されるわけです。

一言でいえば、筋トレによって筋肉量が増加することで、男性ホルモンが不足して追加発注がかかるということ。

筋肉の生成に男性ホルモンが追いつかない場合、最優先されて男性ホルモンが生産されるという仕組みになります。

男性ホルモンのテストステロンは以下のように、19~20歳をピークにゆっくりと減少し続けます。

少しでも減少する曲線を緩めるためにも、筋肉量の維持を心がけておきましょう!

男性ホルモンの血管拡張の効果

じつはこの男性ホルモンが増えることは、さらなる筋肉量の増加につながるだけでなく、中折れや勃起不全の解消に大きな働きをもっています。

 

その一つが一酸化窒素の生成です。

梅毒は、性的な接触(他人の粘膜や皮膚と直接接触すること)などによってうつる感染症です。原因は梅毒トレポネーマという病原菌で、病名は症状にみられる赤い発疹が楊梅(ヤマモモ)に似ていることに由来します。感染すると全身に様々な症状が出ます。
引用 厚生労働省梅毒に関するQ&A

男性ホルモンがつくつ一酸化窒素は、血管を拡張させて血液量を増やし血行を促進させます。つまり勃起時の陰茎の海綿体へ効率よく血液を流し込むことに一役かっているというわけです。

どちらにせよ、筋肉量が増えることは勃起不全や中折れにとって一石二鳥であって、デメリットは一つもありません。

 

さらに中折れや勃起不全を経験した方の場合、体位によっては挿入中に筋肉が疲労して勃起や射精に集中できないことも一つの要因と考えられますからね。

そういった意味でも毎日の筋力トレーニングによってある程度の体力を保持していおくことは重要といえますね。

【結論】もっとも勃起力アップが見込めるのはのスクワットだった!!

とはいえ、忙しい毎日に追われ、中折れや勃起状態気味だと知りつつも必要とされる筋力トレーニングや有酸素運動を実践できない方もいるかと思います。

そんな方にお勧めなのが、スクワットなんです。

まさに勃起持続のためのエクササイズといっても良いほど効果が絶大で、職場で休憩時間やちょっとした空き時間に実践できるのも嬉しいメリット。

大掛かりなトレーニング用具を必要としないにもかかわらず、その効果はハンパじゃないんです。

 

ただし!!

スクワットの方法しだいでは、勃起力回復しないどころか、腰や膝を壊す最悪なトレーニングにもなります。次項では安全かつ最短でフル勃起するための当ブログ一押しのスクワットのやり方をレクチャーします!!

勃起力回復のためのスクワットはスピードに注意

ただし一般的なスクワットとは少々行なうスピードが違います。この部分だけは注意して下さい。

基本姿勢やモーションに関しては大差ありませんが、通常のスクワットの倍くらいの時間をかけて行なうのが中折れや勃起不全の解消には非常に効果があるとされています

基本は肩幅よりもやや広めのスタンスで立ち、背筋を伸ばして膝がつま先から出すぎないように、徐々にお尻を下げていきます。

本来、一般的なスクワットでは「つま先から膝は絶対に出さない!」という部分に重点が置かれるケースが多いようですが、管理人の感覚としてはそういった細かい部分にこだわる必要は無いと感じています。

そもそも、太くて男らしい太もも、腰回り、締まったお尻…こういった目的でスクワットを行なっているわけではありません。

ペニスに存分の血液を流し込み、セックスが終わりお互いが果てるまで溜め込んだ血液を保持させるのが目的なんです。

そもそもトレーニングの目的が違いますから、少々乱暴な言い方になってしまいますが、そういった一般的なトレーニング方法はある程度無視してしまって構いません。

骨盤底筋、ぶっちゃけペニスの根本付近に効けばいい!

それよりも、時間をかけてゆっくりと正しい姿勢で、10回×5セットを確実に毎日こなす継続こそが重要といえるでしょう。

筋力トレーニングだけではありませんが、筋肉は負荷を与えて破壊することで数か月かけて新しく生まれ変わります。

つまり筋トレの効果は数カ月後の忘れた頃に現れるもの。

 

効果が出ようが出まいが、とにかく数ヶ月は無心で継続して下さい。きっと3ヶ月後にはペニスの硬さや大きさ、反り返りの角度に明らかな違いがあるはずです。

また、スクワットを行いつつも実際に自転車を漕ぐ、またはエアロバイクを漕ぐことで下半身のインナーマッスルも強化できます。

どんな有酸素運動でも基礎代謝アップの面では効果が大きいのですが、とくにサイクリングは「漕ぐバイアグラ」と命名されるほど勃起力に影響を与えるとされているのでスクワットと組み合わせてもなお効果的。

管理人の場合も中折れが発生して以来、毎日のサイクリング(約10キロ)は基本的なメニューとして実践しています。

もちろん下半身の筋力アップは実感できますし、セックス時には無意識でペニスに力を集中できるようになったと感じています。

下手に高額なジムに通うより、スローなスクワットを数セットと、30分程度の毎日のサイクリング。これでじゅうぶんだと思います。ぜひお試しください!

【まとめ】筋トレ効果を加速させるためにも、良質な精力剤を利用してみる!

以上、ED治療薬なんかにたよらず自力で勃起力を回復させる筋トレ方法について当ブログ管理人の経験をふまえご紹介してきました。

筋トレを行うことで

  • ペニス周辺の血流維持が容易になり勃起の持続が楽になる
  • 男性ホルモンに追加発注がかかり性欲そのものがアップする

などなど嬉しい効果が沢山見込めます。

それだけでなく自分を追い込んで激しい筋トレを行うことでカラダは悲鳴をあげ、人間は生存本能の働き子孫を残そうと性欲がアップするようにできています。

結果、セックスに対する貪欲さが向上し、性欲そのものがアップします。
それ以外にも筋トレを行うことで、心肺機能の持久力が高まり、セックス中に萎えることもなくなるはず。

ぜひ以下の精力アップ・サプリなどで効率よく勃起成分を摂りつつ、最短で勃起力を回復させてください!

【編集部が厳選】じっさい利用して復活できた精力剤を発表

ではお待ちかね、管理人の勃起力改善・中折れ解消に効果のあった精力剤をピックアップしてご紹介していきます

アナタの勃起力が低下した原因、配合成分との相性などでベストな精力剤はかわってきますが、少なくとも以下の3商品から選んでおけば、大きな失敗はありません。

商品との相性をみるためにも、とりあえず1カ月程度つかってみて硬さやサイズ、持続力などじっくりと観察し、続行するか判断してみましょう。

もし決められない場合、とりあえず個人的には第一位のクラチャイダム・ゴールドが段違いにフル勃起できるのでイチオシです!

※以下の精力剤・精力アップサプリメントは、紛れもなく管理人のチンポをフル勃起させた商品ですが個人差もあります。確実にアナタのチンポをフル勃起させる保証はありませんのでご了承ください。

クラチャイダム・ゴールド

この商品のPOINT
男性力の源となるアルギニンがマカの3倍以上!
体づくりのカギとなるBCAAも豊富!
鉄分はホウレンソウの19倍!
ポリフェノールはブルーベリーの3.8倍!
利用者の声
『チンポに体中の血液が集合している感じで、ここ一番で持続力はバッチリ!』
価格
特典付きのお得な定期コース60粒(30日分)
8,400円

Volstar-Beyond

この商品のPOINT
厳選した希少栄養成分61種配合
(動物系21種、植物系27種、ビタミン・ミネラル系13種)
安心・安全の日本製&日本人向けのサプリ
自信があるからできる!30日間の全額返金保証
GMPとHACCPを取得した国内工場にて一貫製造
根茎部分のみを原料としたクラチャイダム素材100%!
利用者の声
精子の量も増えたのか、フィニッシュ時のドクドク感がもの凄い!
価格
特典付きのお得な定期コース90粒(30日分)
12,800円

Hに関する悩み
編集長をフォローする
SIGNAL
タイトルとURLをコピーしました